So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

SharePoint WebService 一覧 -(2)- [技術情報]

つぎに各WebServiceのメソッド一覧です。

結構ありますねぇ。次回から少しずつ試してみたいと思います。


SharePoint WebService 一覧 -(1)- [技術情報]

前回に引き続きWebServiceについて

まずはWebServiceの一覧です。

サービス URL
Service1 http://localhost/aspnet/Service1.asmx
Service1 http://localhost/WebService1/Service1.asmx
admin http://localhost:17389/_vti_adm/admin.asmx
alerts http://localhost:20080/_vti_bin/alerts.asmx
AreaService http://localhost:20080/_vti_bin/AreaService.asmx
DspSts http://localhost:20080/_vti_bin/DspSts.asmx
DWS http://localhost:20080/_vti_bin/DWS.asmx
Forms http://localhost:20080/_vti_bin/Forms.asmx
Imaging http://localhost:20080/_vti_bin/Imaging.asmx
Lists http://localhost:20080/_vti_bin/Lists.asmx
Meetings http://localhost:20080/_vti_bin/Meetings.asmx
OutlookAdapter http://localhost:20080/_vti_bin/OutlookAdapter.asmx
Permissions http://localhost:20080/_vti_bin/Permissions.asmx
search http://localhost:20080/_vti_bin/search.asmx
SiteData http://localhost:20080/_vti_bin/SiteData.asmx
sites http://localhost:20080/_vti_bin/sites.asmx
SPSCrawl http://localhost:20080/_vti_bin/SPSCrawl.asmx
UserGroup http://localhost:20080/_vti_bin/UserGroup.asmx
UserProfileService http://localhost:20080/_vti_bin/UserProfileService.asmx
versions http://localhost:20080/_vti_bin/versions.asmx
Views http://localhost:20080/_vti_bin/Views.asmx
webpartpages http://localhost:20080/_vti_bin/webpartpages.asmx
Webs http://localhost:20080/_vti_bin/Webs.asmx

 


Excel で SharePointリスト一覧 [技術情報]

面白いツールを発見しました。

 「Microsoft Office 2003 Web Services Toolkit 2.01

このツールキットをOffice2003がインストールされている
クライアントPCにインストールすることでOffice VBAから
SharePointのWebServiceを操作できるというものです。

OfficeXP版とOffice2003版はあったのですが
残念ながらOffice2007版は見つかりませんでした。
すでに組み込まれているのかなぁ?

詳細な使い方はこちらを参照してください。


ためしにExcel VBAでとあるサイトのリスト一覧を取得してみました。


 

WebServiceのメソッドが全て使えるのなら結構面白いかも。

 


SharePointのWebサービス -(1)- [技術情報]

いやぁ~、困りました。

私は今までサーバーサイドで実行するプログラムをメインで作成してきたのですが、実はWebサービスを使うことで同じ事がクライアントPC側でも実現できるんですね。

サーバーサイドで実行するプログラムはサーバー管理者が実行する必要性があり、あまり実用性はありませんでした。しかし、Webサービスを使ったプログラムであればクライアント側で作成&実行が容易にでき、アクセス権も考慮された結果が帰ってくるためより実用性があります。また、APIを使わなくてもユーザー偽装が実装できるためより柔軟にプログラミングすることができます。

実は、ここのところ更新が遅れているわけはこのWebサービスなんです。

こっちを調べ始めたらなかなかおもしろくて。(笑)

「新 サブサイト→トップレベルサイト」の続きを調査している暇がないです。今後はWebサービスに関しても、シリーズ化して書いていこうと思ってますので、こうご期待。

 


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。